忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/24 00:28 】 |

CDレビュー:Insomniac ★★★☆☆
Insomniac
メジャーデビューアルバム"Dookie"の大ヒットを受け、
様々な問題に直面したGreenDayのフラストレーションが吐き出される形となった今作。
一部のバンドから前作のポップなメロディーに対する非難の声が上がった事もあり、
やや暴力的な激しい歌詞・サウンドに仕上がっているアルバムです。

アルバム冒頭から終わりまで一気に突き抜けるかのような、痛快な曲の数々。
ただ、テンションの高さが半端で乗り切れない曲もあり、
前作に比べ物足りないと感じる人もいるかもしれません。
その反面、全体的にあっさりとした聴きやすい曲が多いので、飽きの来ない作品ではあるでしょう。

終始微妙なテンションで突進し続ける今作ですが、
それ故か突出した名曲というものは見当たりません。
しかし、どの曲も質が高く、前作以上に統一感があるという事も同時に言えます。
弾ける様なメロディーが印象的な"Stuck With Me"は、
今作においては珍しくテンションが吹っ切れていて、爽快感抜群。
全アルバムを見渡しても類を見ないほどの異彩を放つ"Brain Stew"辺りは、
聴き込むほどに味の出る曲なので、繰り返し聴いてみると良いでしょう。
PR
【2006/06/19 20:43 】 | Green Day | comment(1)

CDレビュー:Dookie ★★★★☆
Dookie
1994年、Offspringの"Smash"と共に莫大なセールスを記録し、
グラミー賞3部門を受賞する快挙を成し遂げたGreen Dayのメジャーデビュー作。
爽快で聴きやすいポップなサウンドが世界中で受け入れられ、
全世界で1100万枚以上を売り上げ、Green Dayの地位を確固たる物としました。

前述の"Smash"との大きな違いは、アルバム全体を通して漂う雰囲気。
歌詞についてはどちらも共通してネガティブな内容が主体となっていますが、
Smashのダークな雰囲気に対し、Dookieは明るくポップな雰囲気を持っています。
収録されている曲はどれも良く練られており、アルバム全体の統一感も素晴らしいのですが、
Smashの様な新鮮な驚きやバリエーションの豊富さには欠けるかもしれません。
覚えやすく、くどさのないメロディーがこのアルバムの魅力でしょう。

アルバム冒頭を飾る"Burnout"や"Emenius Sleepus"、"In The End"等、
短い中にもきっちりと聴き所を作ってくる曲が多く、聴き終えた後には充実感が残ります。
日本でも大ヒットとなった"Basket Case"や"She"はあらゆる人の耳に馴染みやすく、
洋楽をあまり聴かないという人でも入りやすい曲でしょう。
"Longview"辺りは聴くほどに味が出てきて面白いですね。
【2006/05/28 14:42 】 | Green Day | comment(0)

| HOME |

忍者ブログ [PR]