忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/17 05:36 】 |

CDレビュー:Pinkerton ★★★★★
Pinkerton / weezer
デビューアルバム"weezer (Blue Album)"の成功により突如シーンに躍り出たweezer。
粗っぽいガレージサウンドの中に存在する確かなポップさが広く支持された彼等の
2ndアルバムである"Pinkerton"は、あらゆる点でweezerのその後を左右した作品です。

1st同様、サウンドは重くザラついているのですが、
ポップで弾けた感じのメロディーの心地良さがポイントの前作に対し、
今作では爽快なポップさはやや影を潜め、全体に重い雰囲気。
バンド初のセルフプロデュース作となる今作は、
荒削りなサウンドの中に純粋な美しさが感じられるメロディーと共に
Vo.のRiversのプライベートな事柄などが赤裸々に綴られています。
感情表現があまりにも生々しかった為か、
彼等の本国アメリカでは酷評され、バンドは一時活動休止に。
しかし、日本的な要素が随所に見られる事もあってか、
それとも感傷的なメロディーが日本人の琴線に触れるのか、
このアルバムを最高傑作と評する日本のファンも多いのは事実です。
因みに、自分もこのアルバムは歌詞・メロディー共に大好きだったりします。

先程歌詞が生々しいと書きましたが、これが感傷的なメロディーと相まって、
Riversという人間の純粋な心を映し出している様に思います。
捨て曲無しのアルバムですが、その中でも個人的に強くプッシュしたいのは
"Tired Of Sex"、"Gechoo"や"Across The Sea"、"Pink Triangle"、
"Butterfly"といった、Riversの心情がひしひしと伝わってくる楽曲です。
どの曲も心が洗われる様に綺麗なので、落ち着きを取り戻したい時に聴く事を推奨。
PR
【2006/11/07 19:54 】 | weezer | comment(0)

CDレビュー:weezer (Blue Album) ★★★★☆
weezer / weezer (Blue Album)
Nirvanaのカート・コバーンの自殺が音楽界に大きな衝撃を与えた1994年。
OffspringやGreenDayといったメロディックパンク勢が一躍シーンのトップに躍り出たこの年、
weezerもまたその名を世界に轟かせる事となりました。

2006年現在、5枚のアルバムをリリースしているweezerですが、
一つとして毛色の同じ物の無い彼等の作品の中でも
最も人気の高いのがこのデビュー作。
ヘヴィーなサウンドにポップなメロディーが乗った独特の世界が、
今も尚人々に愛されています。
2ndでは更にヘヴィーになったと思いきや、3rd以降はポップ傾向が強まり、
ファンの間でもweezerの最高傑作がどれか、というのは意見の分かれる所。
個人的には、2nd→3rd→1st...というのが現状です。
2ndと3rdは全く方向性の異なる個性があり、甲乙付け難いのですが。

"My Name Is Jonas"や"Surf Wax America"といったポップ色全開の曲から
"Buddy Holly"や"No One Else"・"In The Garage"等のどこか切ない曲まで、
様々な曲が収録されていながらも発揮される素晴らしい統一感
(個人的見解ですが、3rdまではこの統一感は健在でした)。
これといった捨て曲は無く、アルバムの雰囲気を楽しみながら
最後まで通して聴く事が出来る名盤です。
【2006/08/08 22:21 】 | weezer | comment(0)

| HOME |

忍者ブログ [PR]