忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/24 00:29 】 |

The Offspring / Come Out And Play [Keep 'em Separated]
Come Out And Play [Keep 'em Separated]
いつにも増して更新が滞っておりました。Suggadaddyです。
久々の新作はTheOffspringの3rdアルバム"Smash"からの1stシングルであり
彼等の代表曲でもある"Come Out And Play [Keep 'em Separated]"です。

今回の譜面はやや大人しくまとまった感はありますが、
特徴的なメロディーを活かしツボを押さえられる様に努めました。
背景は歌詞の内容を表現した物で、既に公開されている中で自作した物とは
幾分趣向が違っているかと思います。

さて、今作では皆様に曲の編集をして頂くという新しいシステムを導入しました。
皆様にはお手数をお掛けしてしまう事になるのですが、
負担を軽減する為可能な限り簡易的な方法を選びましたので、
手順通りにクリックして頂くだけで良く、数分で作業が完了します。
これによって曲の長さを理由に曲の使用を諦める事が無くなり、
公開できる曲の幅が広がる事が期待できますので、
ご理解を頂ければと思います。
詳しくは同梱されている「Come_Out_and_Play.html」をご参照下さい。

Offspringと言えば、Summer Sonic 2007への参加の決定や
新作のリリースを臭わせる話題が先日報じられました。
Splinterは個人的にはかなり気に入っただけに、今作にも期待しています。

-------------------------------------------------------------------------

*Felys修正版upに関して

多くの方はお気付きだったかも知れませんが、
Felysの譜面はかなりタイミングがずれておりました。
しかし、現在自宅にて使用している古いPCでは、
マシンパワー不足の所為か一部の譜面がやや遅く流れていた為、
そのずれに気づく事が出来ないまま現在に至ってしまいました。
先日、LUCAの新しいPCで新作DWIを作成した後に
例の古いPCでテストプレイをした際にその問題が発覚し、
現在公開されている物を調べてみたところ、
Felysの譜面がずれている事が判った次第です。
ご迷惑をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。

PR
【2007/04/08 23:55 】 | DWI | comment(0)

しろ(Shiro) / J2U
J2U
10月上旬の公開を予定していた新作ですが、それよりもやや早めの公開となりました。
前作"This Is Love"の公開からおよそ半年が経過してしまい、
来訪者の方々には申し訳なく思っています。

さて、"J2U"といえば、BMS界では有名なしろさんの代表曲という事もあって
ご存知の方も多いと思いますが、今回はBMS版とは異なる音源を使用させて頂きました。
印象的だったデジタルボイスは入っていないのですが、
その代わり音質がかなりクリアになったほか(特にドラムの音が冴えています)、
後半のメロディーがBMS版とは一部異なっていたりと("crazy remix"に登場するメロディー)、
新鮮で聴き応えも抜群です。

譜面の方は、特に楽譜面が良く出来たかな、と。
初心者の方が足で踏むにも、上級者の方がパフォーマンスの練習に
使うにも丁度良い内容になっています。
普段は足で踏まないという方も、是非専用コントローラの方でもお試し下さい。

*9月30日13時32分に、J2Uのファイルを更新しました。
激譜面の一部を修正した物になっていますので、
それ以前にダウンロードされた方は、お手数ですが再ダウンロードをお願い致します。
【2006/09/30 13:53 】 | DWI | comment(0)

Hi-STANDARD / This Is Love
This Is Love
いつの間にやら9作目。今回は全ての画像が自作です。
素材系サイトの管理人の方々の苦労が、僅かながらも分かった様な気がします。

爽やかなメロディーに乗せてソフトに歌うボーカルが印象的なこの曲。
Hi-STANDARDの魅力が凝縮された曲だと思います。
2000年に活動休止して以来、ずっと活動再開が待ち望まれてきたHi-STANDARDですが、
その期待が掛かった昨年はメンバーのソロ活動に終始し、進展は無し。
The OffspringやGreen Day、NOFXといった世界的に有名なバンドと共演する等
世界を股に掛けた活躍を見せ、日本のパンクバンドの中でも群を抜く実力を持つ事は実証済みです。

さて、譜面の方ですが。
今回はHi-STANDARDの持ち味であるバックラインを活かす為に、
なるべくボーカル合わせに頼らない方向で譜面作成を進めました。
前作の"Supersonic"の様にボーカルが派手な訳でもありませんので、
却ってその方が譜面としては良いのですが。
こちらで公開している譜面はキーボードでのプレイを主体として考えている為、
足で踏みやすい譜面ではないのですが、
今作は以前のものと比べると若干踏みやすいのではないでしょうか。
【2006/04/06 13:40 】 | DWI | comment(0)

| HOME |

忍者ブログ [PR]